2015年8月23日日曜日

旧キット 1/100 ガンダム(再)

みんな大好き(笑)元祖1/100ガンダムいきました。
再々チャレンジになります。






















いつもこの辺はサボるんですが(えー)
今回はちゃんと作りました。













ガリッといきそうなので
ランディングキアは浅く差し込んでます













ちっちゃくてカワイイです。













ガンダムの首を差し込む「穴」開けてます。
処理が適当でスミマセン













「ミシ、ミシッ」とBパーツ合体
大丈夫な様にちゃんと削ってるので大丈夫(えー)













「ガリガリッ」とAパーツも合体
過去2回ともここでAパーツ前後に分裂させてますが(笑)
今回は大丈夫。













首オン。そしてウエストのくびれ(笑)
頭部を取り外しできる様にしたのには
理由がありますが、それはまた後日













交通整理棒も装着
バーニアとかそういうのは無視













定番装備オン
割れやすいですがシールドのパーツ分けは助かりますね













例のロケット砲はここに装着
メタコンのオリジンっぽく黒に塗りました。
ランドセルもあわせて黒に塗装













ハイパーバズーカは腰に装着可
いつの時代からここが定番になったのでしょうか・・・
最初からじゃないですよね?





















フル装備状態
クビレとかどうでもいい、ひたすらカッコイイ
そして満足感MAX。



















謎ロケットは可動します
スコープが反対側になりますが仕方がない(えー)













取り付けが丸穴なのでハイパーバズーカが勝手に回転します(汗)
「案外、カッコイイかも・・・」このままでいいかな





















『これがしたかったの図』
1/100『最旧&最新』
あの時見た本の表紙(ちょっと違いますが)
自分で再現できて嬉しい

>MGガンダムver3.0の記事はコチラ



























以上、旧キット 1/100 ガンダム(再) でした。
ガンダム万歳!
ガンプラ万歳!!
楽しい、楽しすぎるぞガンダム。



18 件のコメント:

  1. トンズラー2015年8月23日 23:20

    始めまして
    いつも楽しく見させて頂いています。

    丁寧な塗装が旧キットの造型と相まって
    ノスタルジックさが倍増ですね。
    交通整理…もといサーベルとバズーカの2対背負いも
    まるで弁慶を思わせるような不思議な威圧感がありますw

    バージョン3.0と並び立つと、時代の流れがひしひしと伝わって来ますね。
    以前お作りになられたリアルタイプ版とのツーショットも、
    機会があれば見させて頂きたいです。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      ホント、ノスタルジックですよね・・・子供の頃、兄が持ってたこの1/100ガンダムの
      アンテナを自分がヘシ折って怒られて泣いた記憶が懐かしいです(笑)
      我が家のリアルタイプですが、合わせ目消しせずに放置してたのが原因か
      わかりませんが接着跡が汚くなって大変な事になってます(泣)
      そのうち作り直そうと思ってますのでしばしお待ち下さいませw

      削除
  2. どうも、この間の者です
    匿名と言うのも寂しいですし、このコメント欄ではハンドルつけます(これから夜勤です)
    謎ロケット砲は正にオリジンを思い出させる配置ですね
    オリジン版とのとの対決が今から楽しみです

    返信削除
    返信
    1. どうも夜勤さん、コメントありがとうございます。
      これから夜勤ドゥーエですか大変ですね(汗)頑張ってください。
      謎ロケット砲は3mm穴開けてるのでどこにでも装着可能です。
      位置が違いますがビームライフルに付けてハイパーナパーム風にも出来ますよ(笑)

      削除
  3. 旧キット万歳!
    このガンダム見て何故か地元のプラモ屋で1/100の旧キット買い占めてきました!

    返信削除
    返信
    1. 不自然なライザップ体型ですがこれはこれで楽しいですよね
      定価700円の奇跡。存分に味わってください(笑)

      削除
    2. ライザップ(笑)
      今ゲート処理してたフルアーマーガンダム1/100も赤井英和体型に削り込んて行きます!

      削除
    3. 1/100フルアーマーいいですね~
      私もそのうちやろうと思ってます。
      (もちろんパーフェクトガンダムも)

      削除
  4. いい!
    このロボット感すんごくいい!
    勘弁してよ~
    俺も作りたくなっちゃたよ(笑)
    てか作ろう!
    明日ヨドバシ行くぞ!!!

    返信削除
    返信
    1. あはは(笑)イっちゃってくださいw
      大きいので何気に迫力ありますよね
      同じ金額のリアルタイプカラーがあれば更に満足度『高』です。

      削除
  5. 素晴らしいです!!

    今回もキレイに塗装なされて、しかも改造パーツが付いて!

    この冬出るらしい、オリジン版のMGとそっくりです(笑)

    首が外せるようにしたトコが気になりますが、また次回のお楽しみですね!

    お疲れ様でした

    (●´ω`●)

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます。
      10月?のオリジンガンダム楽しみですね
      コレと一緒に並べて遊びたいです(笑)

      削除
  6. あ、どうも
    いま東京に来てます(きょうは非番です)
    上野に行ったら上野の森美術館が入場を締め切ったところでした
    仕方ないので今ギロッポンの方に向かっています
    あっちは8時まで開いてるそうなので
    えーと、
    ガンダムのバズーカが腰に付いたのは、アニメ設定ではガンダムMk‐Ⅱが最初ですね
    RX‐78ガンダムが最初にバズーカを腰に付けたのはいつなのか?
    私の記憶が正しければゼッパンガンダムこと、旧HGガンダムがバズーカ腰取り付けパーツを付けていたと思います
    これはMGが開発される前ですね
    (念のため検索して情報の確かさを調べてください)
    旧HGは盾の形状が今風の折れ角になっていたり、いっぽう上下対称の縦長六角形を留めていたり、味のあるキットです
    ゼッパンでなければパーフェクトガンダムの芯にしたいですね

    返信削除
    返信
    1. 解説ありがとうございます。
      なるほど、たぶん合ってると思います。私の記憶的にもそうだと思います(えー)
      旧HGガンダム(http://number2672.blogspot.jp/2013/01/hg-1144_18.html)ですよね
      モールドやシールの味付けが当時は嫌いでしたが、今になってめちゃカッコイイと思えて仕方ないですw
      いつかやってみたいのですが、旧キットの元祖1/144と旧HGUCと30thとREVIVEを全部ミックスして
      その『絶版ガンダム風ガンダム』作れないかなと思っております(笑)

      削除
  7. 設定画やプラモデルではなく、絵ならば、ハイパーバズーカが腰に装着されるようになったのは、朝日ソノラマ文庫(現在は角川スニーカー文庫)の小説版機動戦士ガンダムⅢ表紙からではないでしょうか。
    ソノラマ版の表紙は大河原御大が手がけていて、多分ググるとすぐ出てきます。スニーカー版は、再販に伴って表紙も変わってしまっていて残念なんですが。

    返信削除
    返信
    1. 確認しました。なるほど、たしかにこれが最初っぽいですね~
      つうかこの表紙めちゃカッコイイですね!

      削除
  8. 夜勤・ドゥーエ2015年9月12日 14:43

    えっマヂっスか?
    と思って自分も画像検索しました
    知ってる絵だけどバズーカが記憶から消えてましたぁ
    おかしいなぁ学生時代に読んだ筈なのに
    でも、1巻の表紙がシャアのセル画なのも忘れてたぁ
    忘却とは忘れ去ることナリ

    返信削除
    返信
    1. まぁそういう事もありますよw
      それにしても皆さんガンダムの事めっちゃ詳しいですね!
      自分も大概詳しい方だと思ってましたが、まだ全然ですね(汗)

      削除